高額になる旅費(飛行機・新幹線等)の経費精算に領収書は必要ですか?

必須ではない

飛行機や新幹線など高額になる旅費の精算には領収書は税務上はなくても問題ない。ある人が出張に行ったことを業務報告書や申請書で確認でき、社内で認められていれば旅費は必要経費として領収書がなくても認められる。ただ、あった方が経理などに対して親切であることは間違いない。

格安航空券などについて

飛行機や新幹線では格安航空券やチケットの取り方次第で正規料金より安くすむことがある。この場合はどちらで精算するのが適当か。

税務上はどちらで精算しても問題はない。差額で少し儲けているので褒められる行為ではないが必ず違法になるかというとそうではない。

注意点

あくまで税務上問題ないのであり、原則は社内で決まりがあった場合はそれに従うべきである。

格安航空券なども「領収書を必ず添付すること」と決まっていれば、差額を生み出すことは不可能になる。逆に「出張旅費は一律正規料金で精算すること」などと決まっていれば、実際どんな料金で行ったとしても正規料金で精算して問題ないということになる。まず社内の決まりを確認するべきだ。
もし規約に違反した場合は、不正行為となり、最悪のケースでは解雇となりうる。今一度会社の状況を確認しよう。


新幹線や飛行機を使った出張に関する不正経費の事例集はコチラ

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」