定期区間内の交通費を請求することは問題になりますか?

Pocket

二重請求になる

これは交通費の「二重請求」にあたり、経理担当者の基本的なチェック事項。個人の定期なんて細かいところまで見ないだろう、という考えは大間違いである。
最近は一定の規模の会社であれば経費の精算はITやシステムで行うため、簡単に二重請求がわかることも多い。それを繰り返せば経理担当者の信頼を失い、厳しくチェックされることになる。そうならないために、うっかりミスであっても二重請求には気を付けるべきだ。

防ぐために

とはいえ、ミスしてしまったり魔がさしてしまうのが人間だ。さらに厳密にやろうとすればするほど、経理担当などの手間が激増することになってしまう。
防ぐためにはまず1つ、社内でしっかりと規定する必要がある。明確にルール化することで社員にも意識が芽生え、意図的なものを減らすことができるだろう。
もう1つ、ミスなども防ぐのに有効なものはシステムの導入だ。
Dr.経費精算の交通かんたん入力では、ICカードをタブレットにタップするだけでカード情報を読み取ることができる。また、定期区間も設定可能で自動で控除できるのでうっかりのミスも起きなくなる。このようなシステムを導入することは有効な手となる。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算