なぜお店では領収書とレシートを両方出さないのでしょうか?

二重請求やお店側の記入ミスを防ぐため

お店で領収書を発行するとレシートを出さず、領収書だけを渡してくることがあるがこれにはれっきとした理由があるのだ。

もし2枚とも渡してしまった場合、レシートと領収書別々で経費精算をすることが可能になる。これは二重請求となってしまう。それを防ぐために領収書のみの発行をするようにお店側のルールとして決められていることが多いのだ。

また、渡さなかったレシートは領収書の控えに貼られていることも多い。これはレシートと領収書をすぐ見比べられることで店員の記入ミスや領収書の金額を意図的に多めにする、といった不正をできなくするためである。

両方貰った場合

場合によっては両方貰ってしまうこともあるだろう。この際に2つバラバラに経理担当に提出しては意図せずに二重請求になってしまう可能性がある。そのため必ず2つをまとめ、わかりやすくしてから提出するようにしよう。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」