精算した経費を会社が振り込んでくれません、どうしたらよいでしょうか?

請求することが可能

精算したということはその出費は会社が経費として認めたことになる。その場合であれば、会社にはそのお金を払う義務が発生するため、請求することが可能。

まずは上司に相談

しかし、さすがに最初からケンカ腰に請求するのは良くないだろう。まずは上司に相談しよう。繁忙期などで業務が滞っているなどの理由があるとすれば会社側からの説明や報告があるはずである。確認してみるとよい。

また、業務上の滞りやシステムの不具合などがない場合は経理部に直接問い合わせるとよいだろう。どの部分で滞っているかがわかるはずである。また、振り込まれていないとしても提出した領収書精算伝票などは破棄されることはなく、保存されているため、経理担当者などに確認するとよいであろう。

何度言っても支払いが行われない場合

なかなかないケースではあるが会社が取り合ってくれない場合、特に経費だけでなく給与などの支払いを拒否した場合は弁護士を立て裁判を起こすことも考えられる。その際には労働問題として扱われることになる。

しかし額によってはあまり大事にしてもよいことはないので、まずは会社に事情説明を求め、領収書や精算伝票を経理に確認することをおすすめする。よっぽどの事情がなければ支払うか、状況を説明してくれるだろう。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」