どのような人が経理に嫌われてしまいますか?

業務の手間を増やす人

まず1つ目は嫌われる精算伝票を出す人だ。
読みにくい、記入漏れがある、勘定科目が書いていない、、等々、経理担当者が電話をかけ、確認する手間を増やすような人は嫌われる。これについては「嫌われる精算伝票の書き方とはどんなものですか?」に詳しく記載してあるが、当然であろう。もし経理部から電話が来た場合は、自分の記入が甘かったと思おう。
2つ目は精算伝票をまとめて一度に出す人だ。
期末や年度末が近くなると経理の仕事は決算書の作成に向けて忙しくなってくる。そういった時期に伝票をまとめて何か月分も出されれば業務の手間が増えるのは言うまでもない。こういうことを繰り返せば経理に目をつけられてしまうため、精算伝票は正確に、詳細に、早めに、出すことが自分のためにも経理のためにも良いだろう。

画像元:写真素材ぱくたそ  photo:すしぱく モデル:ひろゆき,紳さん

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」