精算伝票や領収書を書く際に重要なポイントはどこですか?

正直提出側としては面倒な精算伝票や領収書。今回はどの部分を経理は重要視しているのか、ポイントを紹介する。

目的と状況

まず、目的が重要である。
具体的には私的に使ってないかということと勘定科目を分類するために経理担当者は確認する。ここが曖昧な状態では、本当に経費として精算してよいのか判断できずに不正を疑われても仕方ない。

もう1つ重要な事項はその時の状況である。
日付や具体的な商品、会食であれば参加人数など金額には影響しないようなところでも、経理担当者からすると分類や税額に影響してくるため重要視している。また、領収書自体が偽造されてないか、書き込んだのはお店側か、など領収書自体の信頼性も重要視される。

チェックポイントは多い

提出する方からすると金額に影響せず、重要ではないと思われるようなところも経理担当者からすると分類のため、不正防止のためにとても重要な部分となるのだ。
日付が抜けている、分類が曖昧などといった領収書が大量にあれば、それは会社全体の信用にもかかわってくる。そうならないためにもたかが領収書、精算伝票と軽視せず、すべてをきっちりと書くことが重要である。

まとめ

精算伝票や領収書に抜けてていい場所や重要ではない場所などない、ということである。
しかし、すべてが大事といっても額によっては宛名などは略称で済ませられる場合があり、日付などもレシートで証明できることもある。少しのミスで無効になることはないのだ。なるべく漏れがないように、特に重要なのは目的状況だということを覚えておこう。

画像元:写真素材ぱくたそ  photo:すしぱく

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」