経理担当者はどの程度詳細に経費を確認しているのですか?

内容は詳細に人物は大まかに

精算伝票はどこが特に重要ですか?」に記載したが、精算伝票におろそかにしてよい部分などない。経理担当者は内容をすべて、詳細に確認している。
しかし、では個人レベルで経費総額を管理しているかといえばそんなことはなく、ある1人の経費が他の人に比べて多かったとしても必要経費と認められていれば目をつけられたりすることはない。したがって、他の人に比べて多く使ったからといってそれが正当な理由であり社内の決まりを守っていれば後ろめたさなどを感じる必要はないのだ。しかし少額であっても精算伝票がずさんであれば目をつけられるのでその点は注意が必要となる。

画像元:写真素材ぱくたそ  photo:すしぱく モデル:よたか

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」