なぜ経費精算は早めの時期に行うのがよいのですか?

期限内、年度内が大切だから

会社の会計は、お金が「いつ使われたか」ということが重要となる。詳細はコチラに記載してあるが、年度ごとで決算をまとめるためだ。したがって、数日であっても年度をまたいでいれば、前年度の会計としなければならない。もし決算中に前年度の経費が見つかった場合はそれも計上し、決算しなおさなければならないため、経理担当の仕事が増えてしまうのだ。
期末になると経理担当者が経費精算をせかすのはこういった理由のためである。

この「いつ使われたか」を重要視する考えを「発生主義原則」という。
この原則の元では、たとえ経費を精算して実際にお金を払うのが次年度だとしても、経費が発生したのが前年度であればそれは前年度の経費となるのだ。

少しややこしく、どちらでもよいのでは?と思うかもしれないがもし精算できなければ、自腹を切ることになってしまいかねない。年度の会計が終わってから領収書の出し忘れなどが発覚しても、もう遅いのだ。基本的に経費精算は早めの方が自分にとっても経理担当者にとっても良いことだろう。

画像元:写真素材ぱくたそ  photo:すしぱく

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」