年度末に消耗品を買いだめしておき経費を増やすことは可能ですか?

不可能な場合がある

経費を増やすことで所得を減らすことができ、節税になることは「益金と損金」に記載してある。しかし、年度末に大量に事務用品などの消耗品を購入した場合、それはほとんどが年度内に使わないため貯蔵品と見なされ資産として扱われる可能性が出てくるのだ。資産と見なされれば経費ではなくなるため損金に含むことはできず、結果的に節税にならない。基本的に毎年度一定量を購入し、継続的に消費する場合は資産と見なされることはないが、高額な場合も資産と見なされる可能性があるため注意が必要である。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」