会社が設備などをリースするメリットはなんですか?

節税になる

会社が設備などを購入するのではなく、リース会社に購入してもらいそれを比較的長期にわたり借りることをリースという。パソコンやコピー機などの設備から車や医療機器など品目も多種多様である。実際はリースの総費用は購入するより多くなることが多い。ではなぜ会社がリースを使うのかというと、購入した場合は減価償却費分のみ損金になるが、リースは税務上全額が損金になるからだ。そのため実質リースの方が安くなることが多く、会社はリースを使うのだ。

注意点

リースは数年単位で使い、途中解約できないので状況を見て判断する必要がある。

損金に関してはこちら
減価償却費に関してはこちらに記載

画像元:写真素材ぱくたそ  photo:すしぱく モデル:Max Ezaki

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」