実際の支払金額の一部だけを領収書として書いてもらうことは可能ですか?

一部だけ書くことは可能

領収書を分割することは、脱税目的でなければ経費精算上のルールとしては問題ない。実際の支払金額が社内の決まりで認められている経費を超過してしまった場合、お店の人に頼み、経費に収まる分だけを書いてもらうことが可能。そして超過分は自腹を切るという形にすることで、会社の規定経費を超えるわけでもなく、会社から不正に着服しようとしているわけでもないので決済ルールは守っており、問題ないといえる。

具体例

取引先の人たちと4人で会食をしたところ、25,000円の費用がかかってしまった。しかし社内の決まりで認められている会食の経費は20,000円であり5,000円の超過となる。この際にお店の人に20,000円で領収書を書いてもらい、残り5,000円は自腹として扱うということが可能。

注意点

お店側のルールとして、領収書を分割することなどが禁止されていた場合はもちろん不可能となる。実際の売上金額はレシートやレジのデータとして残るので、領収書によって数字が合わないということはないが、お店の決まりで「領収書の額面は必ず実際の支払金額と同じにすること」などと決められている場合があり、特にチェーン店などの大きな組織では決まり事が細かいことも多い。そういったお店のルールとして決められている場合はあきらめた方がよいだろう。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」