領収書の精算可能期限はどのぐらいですか?

Pocket

同年度内なら可能

同年度であれば税務上は精算可能。例え半年前でも10か月前でも領収書の日付が現在の日付と同年度内であれば精算できることになっている。

3月末が期末の会社の場合、4月1日から翌年の3月31日までは同年度とあつかわれ、この間であれば税務上は今年度の経費として処理することができる。例えば今日が2016年2月1日で2015年11月1日の領収書を精算しようと思った場合、年は異なっても同じ年度のため、経費として処理することが可能である。

しかし、年度を超えてしまうと精算は難しくなる。現在が5月の場合、3か月前であっても前年度となってしまうので経理担当者が会計処理を終えていた場合、その領収書は処理不可能になる。

つまり「どのぐらい前の領収書か」よりも「同年度であるか」ということが重要となる。

注意点

しかし、社内の決まりで定められている場合はそれに従わなくてはならない。税務上問題がなくても社内で「3か月以内に経理に回すこと」というように決められていればそれ以前の領収書は処理は不可能となる。

いずれにせよ、とっておいて得するものでもないため、社内で決められたの期限の確認とともにできる限りためずに経理に回すことをおすすめする。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算