配偶者控除・配偶者特別控除(はいぐうしゃこうじょ・はいぐうしゃとくべつこうじょ)

Pocket

配偶者の所得に応じて受けることができる一定額の所得控除

配偶者控除

納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合に受けることのできる一定額の所得控除。
控除額は一般的には38万円。控除対象者が70歳以上の場合は48万円
※対象配偶者とは以下の4つをすべて満たす人。
(1) 民法の規定による配偶者であること。(事実婚などは不可)
(2) 納税者と生計を一にしていること。
(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないことまたは白色申告者の事業専従者でないこと。

※青色申告者と白色申告者についてはこちらに記載

配偶者特別控除

配偶者の合計所得金額が38万円以上で配偶者控除を受けることができないときでも、受けることのできる一定額の控除。この際、納税者の合計所得金額は1千万円以下でなくてはならない。
控除額は細かく決まっており、下の表に記載してある。
以下の5つをすべて満たす場合、配偶者特別控除を受けることができる。
(1) 民法の規定による配偶者であること。(事実婚などは不可)
(2) 納税者と生計を一にしていること。
(3) 他の人の扶養に入っていないこと。
(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないことまたは白色申告者の事業専従者でないこと。
(5)年間の合計所得金額が38万円超76万円未満であること。

配偶者の合計所得金額控除額
38万円を超、40万円未満38万円
40万円以上、45万円未満36万円
45万円以上、50万円未満31万円
50万円以上、55万円未満26万円
55万円以上、60万円未満21万円
60万円以上、65万円未満16万円
65万円以上、70万円未満11万円
70万円以上、75万円未満6万円
75万円以上、76万円未満3万円
76万円以上0円

その他の所得控除については「経理用語集・所得控除①所得控除②」に記載。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算