社印や担当者印などの印鑑がない領収書・請求書は無効ですか?

Pocket

印鑑なしでも問題ない

法的に「印鑑がない領収書・請求書は無効である」というような決まりはなく、発行者の社名・所在地が記載されていれば印鑑は必要とされていない。書類を見た際に誰が発行したかが証明できる完全なものであれば印鑑の有無は関係ないとされている。
実際に会社によっては領収書に最初から印を画像データとして貼り付けられているものを用いている場合もある。
したがって、「印鑑がないのでこの請求書は無効だ」などの主張は通らないということだ。

注意点

領収書の場合、社内で「一定額以上の領収書は、必ず発行者の印を押してもらうこと」などの決まりがあった際には印鑑が必要となる。また、自分が発行する際に特に注意が必要である。社内で決まっていた場合や「担当者の印鑑がないものは無効」と明記されている領収書を用いる場合、印鑑がないとその領収書は無効になってしまうため、受け取った相手に迷惑をかけることになる。

印鑑の種類

・角印
領収書をはじめ請求書などに使用する印鑑は基本的に角印である。会社名や代表者名の丸印でも問題が生じるわけではないが、一般的な慣習として角印を押すようになっている。この角印はゴム印やシャチハタでも問題はない。角印は一般的に発行者や文書作成者がその企業であることを認める場合に使用する。

・丸印
代表者印もしくは実印として法務局に印鑑登録をした印鑑で、契約や手続きの申請、承認などに使用する。経費申請書などを上長が承認する場合はこの印でよい。

このように違いは存在するが、領収書・請求書の印は必ず角印でなくてはならないという決まりはなく、ゴム印やシャチハタでも問題ない。しかし頻繁に使用する場合は、角印の方が持ちの良いのでそちらを使うとよいだろう。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算