【経費削減策・人件費編】成果給を導入する

Pocket

できる人には良い待遇、できない人には頑張るきっかけ

営業にも成績があり、できる営業マンとできない営業マンでどうしても差が出てしまう。その際に給料が一律であると、頑張るインセンティブがなくなってしまい、怠けやさぼりが出てしまうのだ。そうならず、社員のやる気を引き出し続けるためにも成果給にすることは有効である。現在は多くの企業で導入されており、基本給に賞与などを上乗せする場合もある。

注意点

この成果給を導入する際には注意点がある。まず成果給を導入することで、成績の良い社員は良いが成績の悪い社員の士気が下がってしまうことだ。ただ導入するのではなく、挽回のチャンスがあることが大切となる。
もう一点、営業成績は営業マンの頑張りだけでは決まらないということである。もちろん努力も必要であるが、運なども絡んでくることは間違いない。なので、単純な売上高だけで成績の良し悪しを判断することはするべきではない。営業日誌などを見て、どのような努力をし、どの程度飛び込み営業をしたかなど、結果以外にも目を向けることも必要である。売上だけでなく、伸び率なども考える必要があるだろう。


成果給の導入は人件費の削減だけでなく、社員の意識改革・売上上昇にもつながるのでぜひ導入したい。

画像元:写真素材ぱくたそ photo:すしぱく




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算