【経費削減策・人件費編】通勤交通費を削減する

固定費こそ削減効果が大きい

従業員の通勤交通費は通勤手当として必要経費であり、固定費と分類される。この固定費こそ削減した際に効果が大きいのだ。また、無駄がそのまま放置され気付かないうちに増大していく傾向にもある。
では、必ずかかってしまう交通費はどのように削減を行うのか。

①チェックを怠らない

通勤手当とは自宅から勤務先までの交通費を支給するものであるが、支給の際に気を付けるべき点は申請されたその経路が最短経路・最安経路であるか、ということである。都市圏であれば電車を何路線か乗り継いで出勤することも多く、経路によっては値段に差が出てくる。そういった不公平や、無駄を防ぐために会社が申請内容をチェックし会社規模で確認しているという態度見せることが重要である、

②上限を設定する

税法上、所得税の対象とならない金額は月額10万円までとなっている。相当な遠距離でないと10万円にはならないが、可能性がないわけではない。しかしある従業員にのみ大きな金額を払うのは公平性の観点からいらぬ軋轢を生む可能性があり、あまりおススメはできない。経済的にも無駄になるため、きちんと支給額の限度額を設定し、それ以上は支給しないと規約などに明記しておくとよい。

交通費の支給の仕方や上限額の設定などは交通費Q&Aに様々なテーマで掲載しています!
交通費Q&A(https://www.keihi.com/keihi-question-and-answer/kotsuhi-question-and-answer)

[CC BY]https://www.flickr.com/photos/inucara/5036762720/ by.Kentaro Ohno

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」