資本金(しほんきん)

概要

資本金とは会社が事業を開始・運営する際に使用する自己資金の事であり、会社の規模を示す指標となるものである。

資本金であるための要件

・資本金は金融機関から必ずしも融資を受ける義務はない
・資本金は完全100%自己資金から始める必要はない

資本金の分類

完全自己資金による資本金…自己資金による資本金とは自己の財産である資金を使用しうる事である
融資・投資による資本金…融資・投資に用資本金とは公的な金融機関、あるいは個人から融資・投資という形式で借入し、運営にあてる事である

資本金の具体例

・出資側が会社に払い込んだ払込資本を元にした、一定の資本金
・完全自己の資産で、融資などを一切受けずに自分で貯蓄した自己資金
・投資家・個人からの投資
・公的金融機関などからの融資
・自社の規模をより大規模にする際の増資
・自社事業縮小などに行う減資
・自社事業継続に伴う費用
・会社を運営する上での土台となる資金

退職金の仕分け例

公的金融機関から1,000,000円を自社の事業拡大・推進の為に、金融機関指定口座(別段預金)に払い込まれた出資を資本金とする。
借方科目は別段預金1,000,000円、貸方科目は資本金1,000,000円とする。

具体例の概要

公的金融機関より、自社の規模拡大・事業推進の為、記入機関指定口座より資本金として1,000,000円の増資を受ける。

借方科目金額貸方科目金額
現金1,000,000期日指定定期預金100,000

定期預金の注意点

新会社法の改定に伴い、実質1円からでも企業が出来る時代になった。しかし、自分で起業をする場合は資本金は多ければ多いほど良いと念頭に置いておくべきである。なぜなら、1円でスタートした会社を取引先は信用するのかという問題があるからだ。
事業を運営する上で、信用というのは一つのアドバンテージになってくる。
その会社の土台となるのが資本金である為、資本金は多ければ多いほど良いのである。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」