法定福利費(ほうていふくりひ)

Pocket

概要

法定福利費とは、会社の役員や社員の福利厚生のために支出する費用で、厚生年金や健康保険などの社会保険料の会社負担部分のことである。

法定福利費であるための要件

・会社の従業員およびその家族のために支出した法定福利費
・法令および政令で支払うことが定められた支出であること

法定福利費の分類

・会社の従業員およびその家族のために支出した法定福利費
・法令および政令で支払うことが定められた支出であること

法定福利費の具体例

社会保険料としての法定福利費
・社員の健康保険料(会社負担分のみ)
・社員の介護保険料(会社負担分のみ)
・社員の厚生年金保険料(会社負担分のみ)
・企業が負担する児童手当拠出金(全額)

労働保険料としての法定福利費
・労働者災害補償保険料(全額)
・雇用保険料(会社負担分のみ)
・労働基準法上の休業補償を行った場合に支出した費用

法定福利費の仕分け例

当社に勤務している社員全員の前月分の健康保険料50万円を銀行で支払った。なお、そのうち社員が負担する部分25万円については、前月分の給料から差し引いており、預り金として処理していたため、法定福利費に振りかえる処理を行なう。

具体例の概要

法定福利費となるのは、会社が負担する義務のある金額のみである。社員が負担する部分については、徴収した際に預り金として処理をする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
法定福利費 500,000 当座預金 500,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
預り金 250,000 法定福利費 250,000

法定福利費の注意点

法定福利費は、法律により会社に資金を拠出することが義務付けられている費用であり、その種類は限られている。そのため、社員の福利厚生目的で支出した費用であっても、法律で義務付けられているもの以外は法定福利とならないことに留意すべきである。社員の健康診断の費用などは、法定福利費ではなく福利厚生費として処理する。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算