商品(しょうひん)

Pocket

概要

商品とは、販売業などを営む企業が本業用に販売目的で、外部の取引き先から仕入れた物品などのことを指す。

商品であるための要件

・商品は、店舗で販売されている物品を指す。
・企業の業種によって、商品の種別が異なり、不動産では土地や建物である。

商品の分類

商品は、企業が販売目的で所有している物品のことで、分類される業種によって物品や書類などさまざまなバリエーションがある。

商品の具体例

・商品の種類は、企業が本業として営んでいる業種によってさまざまなである。
・日常生活で必要となってくる食料品や生活用品から、金融機関のように販売目的で所有する有価証券なども含まれる。
・商品は、企業では売買活動などの経営活動を行い、主な利益を得るので計上が欠かせない科目である。
・商品は、簿記上では貸借対照表などの決算書類に計上される科目である。

商品の仕分け例

商品は、企業が分記法で管理を行っている場合に用いられる勘定である。税法で記帳をどの方法で行うか届け出を行うことが定められており、三分法の場合には仕入勘定を使っている。一部の例として次のような仕訳が挙げられる。

具体例の概要

当社の得意先企業の一つであるA社より、商品を2万円分、現金で仕入れた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品 20,000 現金

20,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 20,000 現金 20,000

商品の注意点

商品は、分記法の届け出をしている際に使われている。また、在庫管理の作業が必ず発生し、決算時の注意点では、決算仕訳が必要となってくる。仕訳は決まったパターンが用いられ、年度末に翌年度へ繰り越すための期末商品棚卸高勘定を計上し、翌年度の始めに、期末商品棚卸高勘定から期首商品棚卸高勘定へ振替仕訳を起こす。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算