当座預金(とうざよきん)

Pocket

概要

当座預金とは、主に企業や事業主が業務上の支払いに利用する預金のことである。
自由に資金の支出ができ、金利の付かない預金を管理するための勘定科目である。

当座預金であるための要件

・当座預金から現金を引き出す代わりに「小切手」や「手形」といった形式をとって支払うときに利用する。
・当座預金には通帳がなく、資金運用をするためではなく業務上の支払いをするためのもの。

当座預金の分類

当座預金は大きく2つに分けられる。1つは、入金取引取引時に受け取る金額を当座預金に預け入れる場合、1つは出金取引取引時に代金を支払うときに小切手を渡して支払う場合である。

当座預金の具体例

入金取引
・当座預金口座へ現金を預け入れる時
・他の預金口座からの振替によって入金する時
・取立依頼手形での入金
・他人振出小切手によって入金する時

出金取引
・他の預金口座への振り替えを行う時
・自己振出小切手の決済を行う時
・振り込み代金の振り替えを行う時
・支払い手形の決済を行う時
・小切手の店頭による払い出しを行う時

当座預金の仕分け例

1.株式会社A社に対する売掛金200,000円を、同社振り出しの小切手で受け取り、ただちに当座預金へ預け入れた。
2.仕入先への買掛金500,000円の支払いにあたり、小切手を振り出して仕入先に代金を支払った。

具体例の概要

1.A社が売掛金の支払いを小切手で行い、その代金を当座預金へすぐに預け入れたということ。
2.仕入先へ買掛金500,000円があり、それを当座預金から振り出して小切手で支払ったということ。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 200,000 売掛金

200,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 500,000 当座預金 500,000

当座預金の注意点

自己振出小切手は当座預金勘定で必ず処理する。他社振出小切手は(すぐに現金に変換することが出来るため)現金勘定で処理する。
売掛金などの受け取り代金を他社振出小切手で回収するが、すぐさま当座預金口座へ預け入れている場合は、当座預金勘定で処理しても構わない。
預金残高が不足して小切手や手形の支払いができなくなることもある。これを回避するために「当座借越契約」を結んでおくべきである。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算