貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)

Pocket

概要

貸倒引当金とは、売掛金や貸付金等金銭債権に対する将来の取立不能見込額を見積もったものである。貸借対照表に計上される。

貸倒引当金であるための要件

企業会計原則において、引当金の要件は以下の通りである。
・貸倒引当金は金銭債権の回収不能見込み額である
・発生が当期以前の事象に起因していること(当期に起因する場合は貸倒引当金ではなく貸倒損失として計上する)
・発生の可能性が高いこと
・金額を合理的に見積もることができること

貸倒引当金の分類

経営破たん、もしくは実質的に経営破たんしていて回収不能であろう金銭債権に対して、債務者ごとに設定し計上する個別貸倒引当金と、個別貸倒引当金以外の回収不能のリスクに応じて引当金を計上する、一般貸倒引当金に分類される。

貸倒引当金の具体例

・売掛金の回収不能リスクを見積もった貸倒引当金
・受取手形の回収不能リスクを見積もった貸倒引当金
・貸付金の回収不能リスクを見積もった貸倒引当金
・未収地代家賃の回収不能リスクを見積もった引当金
・債務者が会社更生法の手続開始の申立てを行った金融債権の引当金
・債務者が民事再生法の手続開始の申立てを行った金融債権の引当金

貸倒引当金の仕分け例

期末に金銭債権の回収不能可能性を適正に見積もる。当期末残高の受取手形の回収不能額を見積もったところ、10万円であった。貸倒引当金繰入方法は当社では差額補充法を採用していて、当期首の貸倒引当金残高は3万円であった。

具体例の概要

当期末残高の受取手形の回収不能額を見積もったところ、10万円引当金として計上することになった。繰入方法は差額補充法を採用しており、当期首の貸倒引当金残高は3万円である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸倒引当金繰入 70,000 貸倒引当金

70,000

貸倒引当金の注意点

実際に金融債権が回収不能となった際、損失分は貸倒引当金を取り崩す処理を行う必要がある。しかし、これは金融債権が当期より前に発生していた金融債権の場合である。当期に発生した金融債権が当期内に回収不能となり損失額を計上する必要がある場合は、貸倒引当金を取り崩すのではなく、全額貸倒損失として計上する必要がある。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算