売上(うりあげ)

Pocket

概要

売上とは企業が顧客やサービスを受ける人に対し、商品やサービスを提供することによって受け取る代金のことである。

売上であるための要件

・商品やサービスを提供した分の売上代金であること。
・企業活動のうち、本業によって得られる金銭であること。

売上の分類

売上とは、財務諸費用における損益計算書の収益区分のうちの一つであり、一般的には売上高総利益を求める際の売上高として項目に入れられる。また、他の収益項目ではさらに販売費および一般管理費を引いた営業収益や、金融活動の損益を差し引きした経常利益などがある。

売上の具体例

・直接的な売上代金と売掛金などの債権を足し合わせた総額である。
・その総額を仕入額から差し引くと利益として粗利益が求められる。
・売上を計上する時点は各企業ごとによって異なる。
・出荷した時に売上に計上するのを出荷基準という。
・顧客の手に渡った際に計上する引き渡し基準という。
・引き渡して検収されたときに計上するのを検収基準という。
・特別な理由なしに売り上げの計上基準は会計期間ごとに変えてはならない。

売上の仕分け例

分配法の場合、商品の仕入時では、商品を資産項目の借方に、現金や買掛金等の債務は貸方に仕分けする。売買時は商品の売上を現金として借方に、渡された商品額と売上から商品の仕入額を差し引いた商品売買益を貸方に記帳する。

具体例の概要

ある商店が商品Aを現金で10万円分仕入れた。そして後日商品Aで現金で10万、売掛金で5万円の売上を計上した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品 100,000 現金

100,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
現金
売掛金
100,000
50,000
商品
商品売買益
100,000
50,000

売上の注意点

売上を計上する際の注意点は期ずれである。期ずれとは売上の計上をその年にするべきものを前年や翌年にすることであり、発覚した際は重課税を課されることもある。売上を計上する際は基本的に発生主義の原則に基づき計上しなければならない。発生主義とは実際に売上代金を受け取る時ではなく契約などを通して利益が発生した時点で計上するべきという原則である。これに基づかず、予想に基づき利益を計上することや、逆に発生しているのを計上しない場合は粉飾決算や逆粉飾として刑罰を受けることもある。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算