買掛金(かいかけきん)

Pocket

概要

「買掛金」とは、取引先との通常の営業活動で生じた代金の未払い分(ツケ)である。販売業における商品の仕入代金や、製造業における原材料費・部品購入費がこれにあたる。債務にあたるため、発生時は貸方に、消滅時は借方にそれぞれ記入する。決算時には貸借対照表の流動負債の部に残高を記入する。

買掛金であるための要件

以下の要件をみたす場合、買掛金として処理する。
・発生時、対応する借方の勘定が費用である
・費用が未払いである
・費用が通常の営業活動(商品の仕入・原材料の購入など)で生じたものである
・手形を発行していない

買掛金の分類

短期であろうが、長期であろうが、勘定として用いるものは買掛金のみであるために、分類は特に存在しない。

買掛金の具体例

・商品購入費(小売業が取引先から野菜を購入した場合など)
・原材料購入費(製鉄業が取引先から鉱石を購入した場合など)
・部品購入費(製造業が取引先からネジ・ボルトを購入した場合など)
・その他、通常の営業活動で生じた費用(営業上発生した電気・ガス・水道費、製造過程の一部を外注した場合に生じた費用など)

買掛金の仕分け例

1.取引先のA商店から商品10万円分を購入し、代金は先方の承諾を得た上で翌月の月末払いとした。
2.B商店との取引で発生した買掛金20万円のうち、15万円分を先方の承諾を得た上で売掛金と相殺するものとした。

具体例の概要

1は買掛金の発生例である。なお、支払期限が設けられていない場合でも同様に買掛金勘定で処理する。
2は買掛金の消滅例である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 100,000 買掛金

100,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 150,000 売掛金 150,000

買掛金の注意点

支払期限が設定されていない場合、支払期日が決算日の翌日から起算して1年以降に訪れる場合も買掛金勘定を用いる。(「長期買掛金」勘定は存在しない)また、手形を発行した場合は、「支払手形」勘定を、通常の営業活動外で未払いの費用が発生した場合(車両運搬具を購入した場合など)は、「未払金」勘定や「長期未払金」勘定、通常の営業活動外で役務の提供を受け代金が発生した場合(光熱費など)は、「未払費用」勘定、金銭を借り入れた場合は、「短期借入金」勘定や「長期借入金」勘定を用いること。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算