現金(げんきん)

Pocket

概要

現金とは、通貨(紙幣・貨幣)などのこと。簿記上の現金はこの他に、他人振出小切手や送金小切手などの通貨代用証券のことも指すものである。

現金であるための要件

・現金の収入・支出は総勘定元帳の現金勘定に記帳するのではなく、現金出納帳に記帳する。
・現金を受け取ったら借り方に、支払った時には貸方に記帳する。

現金の分類

通貨一般的な現金の収入・支出が行われる金銭のことである。
通貨代用証券銀行や郵便局などに持っていくと現金に換金することができる証券も直ぐに現金に換金できるため、簿記上では現金として扱う。

現金の具体例

通貨・紙幣・貨幣一般的な現金として扱われる。
・通貨代用証券・他人振出小切手(他の会社が振り出した小切手のこと)
・送金小切手(振出人が銀行の小切手のこと)
・株式の配当金領収書(企業が株主に配当金を支払うための引換券のようなものであるため)
・支払期日の到来した国債・地方債・社債の利札(国・県・一般企業への投資をしたとき金利を貰えるため)
・郵便為替証書(郵便局が換金を行う小切手のようなものであるため)

現金の仕分け例

1.○○商店に対する売掛金200,000円を、同店振り出しの小切手で受け取った。
2.××商店に対する買掛金支払いのため、上記の○○商店から受け取った小切手200,000円と現金250,000円で支払った。

具体例の概要

1.○○商店に売掛金を小切手で支払ってもらった。
2.○○商店から支払ってもらった小切手と現金で××商店に買掛金を支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 200,000 売掛金

200,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 450,000 現金 450,000

現金の注意点

現金の収入・支出は、総勘定元帳の現金勘定に記帳するのではなく、必ずその明細を現金出納帳に記帳する。「摘要欄」に取り引きの内容を記入し、収入額を「収入欄」、支出額を「支出欄」に記入する。残高欄にはそれぞれの取り引きごとに残高を記入する。
また、記入漏れがあると後から「現金過不足」として新たに勘定科目を作らなければならないため、手間が増える。したがって、記入漏れに注意し確認を取りながら記帳することが大切になってくる。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算