前受金(まえうけきん)

Pocket

概要

前受金とは、新製品の予約販売などで商品を引き渡す前に代金の一部もしくは全額を受け取ったときに使われる勘定科目である。

前受金であるための要件

・前受金を受け取る側が、代金を受け取った意味を理解している。
・前受金を受け取った側には、商品の発送など契約上の義務を果たす責任がある。

前受金の分類

実際に販売されていないものに対する代金を一時的に預かるという意味で負債という性格を持つため、前受金は流動負債に分類される。

前受金の具体例

・まだ手元に届いていない新製品を予約販売し、代金を前受金として受け取った。
・100万円で受注した工事費用の代金のうち、20万円を手付金として前受した。
・10万円の商品を販売するのに先立って販売金額の10%を現金で前受した。
・サービスを提供する前に代金の一部を前受金として受け取った。
・賃貸マンションにおいて翌月分の家賃を前受した。

前受金の仕分け例

5万円の商品を販売するのに先立って、内金として商品代金の10%にあたる5千円を現金で受領し、前受金として仕分けした。翌週、販売金額の残りの代金を現金で受け取った引き換えに商品を渡し、売上として仕分けした。

具体例の概要

前受金は、手付金を受け取った時と、残りの差額を受け取って商品を渡した時の2回のタイミングで仕訳が必要となる。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 5,000 前受金

5,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 45,000 売上 50,000

前受金の注意点

前受金を管理するには、前受金と売上の関係を正しく把握することが重要だ。取引先や商品名、金額、引き渡し日だけでなく、請求書のシリアルナンバーなども記録し、商品を引き渡した時に記録する売上との関係をきちんと確認出来るようにしておかなければならない。
また、特に決算月をまたぐ時は売上計上のミスが起きやすい。売上を計上するのは入金を受けた時ではなく、商品やサービスを提供した時となる。そのために、入金を受けた時には前受金を使った処理が必要となるのだ。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算