立替金(たてかえきん)

Pocket

概要

立替金とは子会社や関連会社、自社の従業員や取締役、役員が支払うべき金銭について一時的に立替払いを行った場合の経理処理に使用する勘定科目である。

立替金であるための要件

・常識の範囲で高額ではないこと。
・速やかに返済を受けるべき費用であること。

立替金の分類

立替金は後日受け取ることが出来るため、資産となり、一年以内に返済を受けるため、流動資産となる。そして実務上は他の少額流動資産と合わせて、その他流動資産とする。

立替金の具体例

・従業員負担分の雇用保険料を会社の普通預金から支払った金銭。
・親会社と子会社が共通の得意先の接待費用を親会社が立替払いを行った子会社の接待費用負担分。
・社員旅行で発生した福利厚生費の内、一時的に立替払いを行った役員が支払うべき金銭。
・関連会社が支払うべき運送料を一時的に立替払いを行った金銭。

立替金の仕分け例

雇用主負担分と従業員負担分の雇用保険料1年分として、2,000万円を会社の普通預金から支払った。その内、200万円が従業員負担であった。回収として、事前に立替金で計上していた雇用保険料を、毎月の給与支払い時に差し引いた。

具体例の概要

立替金の具体例として、親会社と子会社が共通の取引先に対して行った接待について、親会社が費用の150,000円を全て一時的に現金で支払った。子会社負担分は50,000円である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
交際費 150,000 現金

150,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
立替金 50,000 記載なし 記載なし

立替金の注意点

立替金を扱う際の注意点として仮払金との区別がある。仕訳の際に立替金と仮払金を迷うケースがある。現場ではどちらで処理しても融通がきくが、判断目安を持つ必要がある。仮払金として扱う金銭は営業活動の経費となるかが判断ポイント。その費用が一般的な営業活動上の経費となる場合は仮払金として処理することが基本となる。立替金は原則として会社が費用を立て替えた分を後日回収する。仮払金は一定額を事前に支給し、発生した経費分の精算を行う。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算