資本準備金(しほんじゅんびきん)

Pocket

概要

資本準備金とは、株式会社において、株主が払った金額の中から、資本金に充てられなかった残りの金額を、積み立てたもののことである。

資本準備金であるための要件

・払い込みまたは、給付に係る額の二分の一を超えない額は、資本金として計上しないことができ、その計上しない額のことを指す
・資本金として計上しないと決めたものは資本準備金として計上しなくてはならない

資本準備金の分類

資本準備金と似たものに、資本金と資本余剰金がある。資本金とは株式会社の設立や、株式を発行した際に株主が払い込んだ額の二分の一以上の金額のことを指す。資本余剰金は、株主からの払込などの資本取引から発生する余剰金のことを指す。

資本準備金の具体例

・増資によって得られた株式の払込金額のうち、資本金に計上しなかった株式払込余剰金
・合併、会社分割、株式交換、株式移転に際して資本準備金として計上するように法務省令で定められたもの
・欠損金の補てんや資本の組み入れに使用できるもの
・資本の取引から発生した余剰金のうち資本準備金とその他資本余剰金に区別されるもの

資本準備金の仕分け例

会社の債権者を保護するため一定額を貯めておく意味合いのあるものとして資本準備金と利益準備金が定められている。
このような法定準備金を減らすことができる目的としては、資本金への組み入れや余剰金への組み入れがある。

具体例の概要

資本準備金3,000,000円を欠損金の補てんに使用する場合
資本準備金5,000,000円を資本組入れに使用する場合

借方科目 金額 貸方科目 金額
資本準備金 3,000,000 繰越欠損金

3,000,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
資本準備金 5,000,000 資本金 5,000,000

資本準備金の注意点

資本準備金は、株主が持つ資本であることから、資本金としての性質を有しているとも言える。そのため、その他資本余剰金では配当規制を受けることはないが、資本準備金は配当規制を受けるので注意が必要である。
また、資本準備金を減少するためには、資本金に組み入れるなどの所定の場合を除いて債権保護の手続きが必要となることも忘れてはいけない。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算