仮払金(かりばらいきん)

Pocket

概要

仮払金とは、金銭の支払いを現金などで行ったが、相手勘定科目が未確定の場合に一時的に使用する勘定科目である。

仮払金であるための要件

仮払金であるための要件は以下の通り。
・支払う予定の金額が未確定である場合。
・相手勘定科目が未確定である場合。

仮払金の分類

仮払金の分類は流動資産である。決算までには、確定した勘定科目に振替を行うのが望ましい。実務上では独立科目とはせず、その他の少額の流動資産と合わせて、その他流動資産として処理することが多い。

仮払金の具体例

仮払金の具体例は以下の通り。
・従業員や役員が国内出張する際に概算で対象者に支払った旅費交通費。
・従業員や役員が海外出張する際に概算で対象者に支払った旅費交通費。
・従業員や役員が会合に参加するために概算で対象者に支払った交通費。
・従業員や役員が得意先にたいする接待として使用するために、対象者に支払った概算の接待交際費。

仮払金の仕分け例

会社社長が会合に出席するために出張を行うに際して、現金10,000円を手渡した。出張にかかる金額は未確定のため、仮払金として処理を行った。後日、90,000円分の領収書とお釣り10,000円を手渡されてた。その際には90,000円を旅費交通費、10,000円を現金とし、仮払金を精算した。

具体例の概要

役員が出張を行うに際して、200,000円の現金を仮払金として支払った。帰社後に200,000円の旅費交通費を精算した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮払金 200,000 現金

200,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
旅費交通費 200,000 仮払金 200,000

仮払金の注意点

支出目的であっても、実務上仮払金として処理されるケースがあり、非常に使途不明金になりやすい勘定科目である。そのため仮払金の残高には十分に注意する必要がある。また、立替金とどちらを使用するか迷うケースがあり、仮払金と立替金の違いを明確に理解する必要がある。違いとしては、立替金は事前に使途がわかっていて、一時的に立替払いを行うものである。仮払金は用途や用量が不明の金銭の支出を管理するものである。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算