預り金(あずかりきん)

Pocket

概要

勘定科目のひとつである預り金とは、役員や従業員、取引先などから、一時的に預かった金銭の事を指す。また、後日預かり金は役員、従業員、取引先へ返金するか、それらの者に代わって第三者に支払う。

預り金であるための要件

・預り金の対象は不特定かつ多数の相手である
・預り金は金銭の受け渡しであり、元本返還が約束されている
・主な目的は、預かり主の便宜をはかる為に金銭を保管することである
・預り金は金銭の保管であり、金銭の借入とは明確に区別する必要がある

預り金の分類

預り金は、貸借対照表で流動負債に分類される。流動負債とは、貸借対照表の貸方の負債のひとつである。また、短期間で返済期限を迎える負債の事を指す。

預り金の具体例

・社会保険料預かり金は、従業員に給与支払いをする際に前もって預かる社会保険料の事である。
・税金預かり金とは、従業員への給与支払いの際に前もって預かる源泉所得税や住民税の事である。
・預かり保証金とは、取引先から預かった営業・入札保証金を指す。
・役員従業員預かり金とは、役員の社内預金や身元保証金の事である。
・財形貯蓄預り金は、従業員から預かった社内預金を指す。

預り金の仕分け例

給与支払いの際に社会保険料預り金や税金預り金が発生した場合は、まず借方勘定へ給料手当てと記載し、金額を記載する。続いて、貸方科目に社会保険料預かり金と記載し、金額を記載する。また、給料支払いを銀行振込で行った場合は、貸方科目に銀行振込と記載する。金額欄には、給与手当てから税金預り金を差し引いた金額を記入する。

具体例の概要

預り金が発生した場合は貸方勘定に記載し、支払いが生じた際には借方勘定に記載する。従業員の給料が1万円で、源泉所得税・社会保険料がそれぞれ1千円と仮定する。後日現金で、源泉所得税を納付した場合。

借方科目 金額 貸方科目 金額
給料手当 10,000 税金預り金
社会保険料預り金
個々に1000円と記載
借方科目 金額 貸方科目 金額
税金預り金 1,000 現金 1,000

預り金の注意点

役員や従業員の預り金が、負債と純資産合計の100分の1をこえる預り金については、別の名称で記載する事。また、税金預り金については納付期限が定められているので、預り金をしっかりと納付期限内に納めなければならない。さらに、源泉所得税や住民税の納付は、特例制度なども用意されており、年2回に分けてまとめて納付する事も可能である。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算