未払金(みばらいきん)

Pocket

概要

「未払金」とは、主たる営業業務以外で発生した金銭債務のうち非継続的な取引で発生した債務である。決算日の翌日から起算して1年以内に支払期日を迎えるものは未払金勘定、1年以降に迎えるものは「長期未払金」勘定にそれぞれ該当する。それぞれ流動負債・固定負債にあたり、貸借対照表の負債の部に属す。

未払金であるための要件

以下の要件を満たす場合、未払金とみなす。
・金銭債務であること
・主たる営業業務外で発生したものであること
・継続した役務の提供に対応した金銭債務ではないこと
・債務に対応する手形を発行していないこと

未払金の分類

未払金に該当する金銭債務の範囲は非常に広範に及ぶため、税法・実務上の要請から実態に対応した独立の勘定科目が用いられる事が多い。
・未払金
・長期未払金
・未払配当金
・未払役員賞与
・未払法人税等
・未払消費税
・未払社債利息

未払金の具体例

以下、未払金勘定をもって処理する金銭債務の具体例を示す。
・設備・車両運搬具・備品を購入し、代金が未払いである場合
・不動産・有価証券を購入し、代金が未払いである場合
・交通費・交際費・光熱費・広告費が未払いである場合
・販売手数料・売上割戻金が未払いである場合
・役員報酬・従業員給与・退職金が未払いである場合

未払金の仕分け例

以下、未払金の仕分け例を示す。
1.取引先のA商店から車を200万円で購入し、先方の承諾を得た上で代金は翌月月末払いとした。
2.1の取引で発生した金銭債務の支払期日が到来したため、小切手を振り出して支払いを済ませた。

具体例の概要

1は未払金の発生例である。車両運搬具購入費の未払い分は通常の営業業務外で生じた金銭債務にあたるため、未払金にあたる。
2は未払金の消滅例である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
車両運搬具 2,000,000 未払金

2,000,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
未払金 200,000,000 当座預金 2,000,000

未払金の注意点

主たる営業業務で発生した金銭債務の場合、「買掛金」勘定を用いる。
主たる営業業務以外で発生した金銭債務であり、継続的な役務の提供によって発生した債務である場合、「未払費用」勘定を用いる。ただし、未払金と未払費用は税務上同様に扱われる。また、主たる営業業務以外で発生した債務に対応する手形を発行した場合は、「営業外支払手形」勘定を用いる。
未払配当金・未償還社債は財務諸表等規則に基づき未払金勘定で掲載してはならないとされているため、注意が必要。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算