繰越利益剰余金(くりこしりえきじょうよきん)

Pocket

概要

繰越利益剰余金とは、決算日において、当期純利益に、前期中に処分されなかった繰越利益と任意積立金の取崩し金を加算した上に、中間配当金と中間配当に伴う利益準備金の積立金を減算して、算出されたものを表示する。

繰越利益剰余金であるための要件

・決算日現在で、株主総会などによる、利益処分の承認前であること。

繰越利益剰余金の分類

繰越利益剰余金の分類は、株主資本である。繰越利益剰余金とは、利益準備金および任意積立金以外の利益であり、株主に対する配当の原資である。

繰越利益剰余金の具体例

・株主総会の議決により、任意積立金100,000,000円を積立を決定した場合の借方。
・株主総会の議決により、欠損の補填のため、任意積立金100,000,000円を取崩しを決定した場合の貸方。
・株主総会の議決により、剰余金100,000,000円の配当を決定した場合の借方。

繰越利益剰余金の仕分け例

株主総会の議決により、当期未処分の利益100,000,000円について、配当50,000,000円、利益準備金の積立40,000,000円を決定した。配当と利益準備金の積立以外の10,000,000円は繰越利益剰余金となる。

具体例の概要

株主総会の議決により、欠損補填のため、任意積立金50,000,000円の取崩しを決定した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
任意積立金 50,000,000 繰越利益剰余金

50,000,000

繰越利益剰余金の注意点

繰越利益剰余金の勘定科目は、従来、未処分利益であった。会社法上、利益処分と決算確定の関係性は無くなり、利益処分案という制度が廃止された。これにより、勘定科目も未処分利益から繰越利益剰余金に変更となった。また、繰越利益剰余金は、決算日において、会社に保留されている状態であり、株主総会の議決により、利益処分が承認されて、配当などのかたちで処理される。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算