元入金(もといれきん)

Pocket

概要

元入金は、個人事業主が確定申告などの際、決算書に計上する科目のことである。法人の場合、資本金に相当する。

元入金であるための要件

・元入金は事業を始める元手となる資金である
・事業の開始時に、個人事業主のプライベートな資金から投入される

元入金の分類

元入金は現金や普通預金などで、確定申告などの際に提出する決算書類の一つ。貸借対照表上では資本項目として分類される。

元入金の具体例

・元入金は、個人事業主の開業資金のことであり、期首に仕訳が計上される
・元入金の種類は、現金や普通預金などの資産科目が一般的である
・元入金は、個人事業主のプライベートな資金から調達される
・元入金は、決算時に増加していることが望ましい(開始時よりマイナスになっていると、経営が順調でないと判断されるため)

元入金の仕分け例

元入金は、個人事業主が事業を開始する際に投入される資金であるため、開始日の日付で仕訳を計上する。その際の相手科目は、現金や普通預金が一般的で、借方勘定に計上する。具体例は、次のような仕訳が挙げられる。

具体例の概要

事業主の貯金である100万円を事業用に用意した銀行口座に入れ、元入金として開業した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
普通預金 1,000,000 元入金

1,000,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,000,000 元入金

1,000,000

元入金の注意点

元入金は、事業の開始時、事業用の口座へ振り込まれるなどされ、最初に帳簿へ計上される仕訳である。なぜなら、事業を開始する際には元手となる資金が必要となってくるためである。事業主から投入された資金を使って、仕入れをしたり経営活動に必要な経費が支払われる。そのため、経営が基盤に乗り、黒字の場合、元入金は増加する。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算