普通預金(ふつうよきん)

Pocket

概要

普通預金とは、経理上の法人名または個人名と同一の名義で開設した普通預金口座であり、資金を自由に出し入れできる預金口座である。銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、商工中金などで開設した普通預金口座が該当する。

普通預金であるための要件

・法人の場合は法人名義で開設された普通預金口座であること
・個人事業主の場合は個人名義で開設された普通預金口座であること
・個人事業主で屋号を使用する場合は、屋号と個人名の組み合わせで開設された普通預金口座であること

普通預金の分類

普通預金となるは、実店舗のある銀行で開設した普通預金口座、ネット銀行で開設した普通預金口座、ゆうちょ銀行で開設した通常貯金口座(総合口座)または通常貯蓄貯金口座である。
普通預金とならないのは、定期預金および積立預金、定期貯金および定額貯金、証券会社で開設した口座である。

普通預金の具体例

普通預金となる場合
・銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、商工中金などの本店または支店で開設した普通預金口座
・ネット銀行または実店舗のある銀行のネット支店で開設した普通預金口座
・ゆうちょ銀行で開設した通常貯金および通常貯蓄貯金口座

普通預金とならない場合
・銀行などの定期預金、積立預金
・ゆうちょ銀行の定期貯金、定額貯金
・証券会社で開設した口座

普通預金の仕分け例

普通預金には利息が発生し、その都度自動的に入金される。利息が発生する時期は各金融機関で異なり、その計算書など明細は発行されない。実際には利息から税金が差し引かれた金額が入金されるため、仕訳をする場合は入金額から逆算して税金を算出して計上しなければならない。厳密には国税、復興税、地方税に分かれるが、この例ではまとめて20.315%としている。

具体例の概要

普通預金の利息にかかった税金は、入金額÷79.685%で算出できる。79.685%は、100%-税率(20.315%)で割り出されるが、税率は変更になる場合があるので注意が必要である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
普通預金 800 受取利息

800
借方科目 金額 貸方科目 金額
租税公課 204 売掛金 204

普通預金の注意点

複数の普通預金口座がある場合は、勘定科目の普通預金の下に口座別の補助科目を作成し、それぞれの通帳と補助科目の残高を照合する必要がある。また、ネット銀行の場合は通帳が発行されないため、サイトよりデータをダウンロードして印字したり、必要に応じて取引明細書や残高証明書などの発行を依頼して対応しなければならない。
個人事業主は事業用と個人用の口座は別に開設し、入出金の混同を避けることが望ましい。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算