研究開発費(けんきゅうかいはつひ)

概要

研究開発費は企業などが新製品を開発するにあたって研究や開発を行うために部材の調達や機材の購入を行うための費用である。

研究開発費であるための要件

・研究開発費は、新製品を開発するために必要な部品代の費用
・新製品を開発するために必要な機材を購入するための費用
・研究するための人員の工数

研究開発費の分類

研究開発費は企業が投資として確保する費用で、一般的には前年度の利益の中から捻出される費用である。新製品開発のためには欠かせないものである。

研究開発費の具体例

・研究開発費における研究は新しい知識の発見を目的としたこと
・開発は、新しい製品の発見を目的とした計画的な調査と探求
・研究及び開発を行うための調査・研究に関する費用
・会計処理としては、発生時に全て費用として処理が行われ一般管理費に計上される
・研究開発費の財務処理は、原則的には製品の製造原価に加算されるものと考える

研究開発費の仕分け例

研究開発費の仕分けは、一般的には部品材料費、機材購入費、工数に仕分けされる。
一つの製品の開発ごとで、研究開発日は分けられており、その製品の開発において研究開発日を使用して購入した部材や機材は使い切る必要がある。

具体例の概要

研究開発費は、具体的に開発製品や研究項目ごとにオーダーが立てられ管理が行われる。

借方科目金額貸方科目金額
研究開発費100,000現金

100,000

研究開発費の注意点

研究開発費とは、新技術または新経営組織の採用、資源の開発などのために支出した費用のことである。発生時には費用として処理しなければならないことが注意点である。原則として支出時に費用として処理を行うが、余った場合は、開発費を繰り越し資産に計上することもできる。その場合には、支出の時から5年以内に規則的に償却しなければならない。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」