出資金(しゅっしきん)

概要

出資金とは、会社や組合、民法上の法人など株式会社以外の持ち分の処理をするための勘定科目のことを指す。

出資金であるための要件

・出資金は税法上有価証券として扱われる
・関係会社に対する出資金においては、他の出資金とは区別して表示することが要請されている

出資金の分類

出資金は投資その他の資産として計上される。実務の面で出資金という科目ではなく、投資有価証券といった科目で処理をされることもある。

出資金の具体例

・取引のある信用金庫や信用組合などへの出資金
・地元の商工会議所への出資
・ゴルフ場施設を優先的に使用することができるゴルフ会員券への出資、入会金や仲介業者への取り引き手数料も含む。株式型会員権の場合は実務上出資金に含めて資産計上する。
・テニスクラブ等その他各種クラブへの入会金なども出資金に含めて資産に計上する。

出資金の仕分け例

貸借対照表には、出資金は投資その他資産として計上。実務上、投資有価証券として処理されることも多いのだが、株式や債券とは区別して管理した方が合理的である。ただし、財務諸表等規則や会計計算規則では、関係会社に対する出資金については区別が要請されている。

具体例の概要

信用金庫への出資金5,000,000円を現金で支払った
出資を停止したため、普通預金に出資金300,000円が振り込まれた

借方科目金額貸方科目金額
出資金5,000,000現金

5,000,000
借方科目金額貸方科目金額
普通預金300,000出資金

300,000

出資金の注意点

出資金をもって、貸借対照表の帳簿価格となることに注意をしなければならない。
また、脱退者の出資金は、総会後に払い戻すことになるので、出資金から減額して未払い持分などの負債となる。
組合内部での金銭移動においては重複記入が起こりがちになるので注意をしたい。また組合外部との収入・支出のみが損益計算の対象となることについても注意を払う必要がある。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード