仮受金(かりうけきん)

概要

仮受金とは、金銭などの受け入れがあったが、その内容が不明であるため、相手勘定科目が判断できない場合に、一時的に使用する勘定科目である。

仮受金であるための要件

仮受金であるための要件は以下の通り。
・現金の振込など、金銭の受け入れがあること。
・金銭の内容が不明であるため、相手勘定科目が不明であること。

仮受金の分類

仮受金の分類は流動負債である。実務を行う際には独立の科目とせずに、他の少額の流動負債と合わせて、その他流動負債とすることも多い。

仮受金の具体例

仮受金の具体例は以下の通り。
・会社の当座に内容不明の現金の振込があった場合。
・会社に手持ちで荷物が届けられ、中には内容不明の現金が入っていた場合。
・出張先にいる社員から会社の当座に内容不明の現金の振込があった場合。
・出張先にいる役員から会社の当座に内容不明の現金の振込があった場合。
・得意先から会社の当座に内容不明の現金の振込があった場合。

仮受金の仕分け例

会社の普通預金口座に、内容不明の現金1,000,000円の振込があった。内容が不明であった為、仮受金で処理を行った。その後、1,000,000円は売掛金の回収であったことが判明した為、仮受金を売掛金に振り替えを行った。

具体例の概要

出張先の社員から会社の当座預金に、内容不明の10,000,000円の振込があったため、仮受金として処理を行った。後日、10,000,000円は売掛金の回収であることが判明した。

借方科目金額貸方科目金額
当座預金10,000,000仮受金

10,000,000
借方科目金額貸方科目金額
仮受金10,000,000売掛金

10,000,000

仮受金の注意点

仮受金を受け入れた際に、その金額が負債と純資産の合計金額の1パーセントを越える場合は、負債の内容をある程度、判別可能な科目として表示しなければならない。例えば得意先仮受金など。また、仮受金は内容が不明な金銭の受け入れを処理するための一時的な勘定科目であるため、決算期にはなるべく残高が無い状態にしておくことが望ましい。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」