受取手形(うけとりてがた)

Pocket

概要

受取手形とは、会社が行う通常の営業により発生した手形債権のことである。なお、手形債権の内、固定資産の売却などによって取得した手形債権は、受取手形に含まれない。

受取手形であるための要件

受取手形であるための要件は以下の通り。
・現金での受取や支払いではないこと。
・固定資産の売却や貸付金といった、金融取引による金銭の受取や支払いではないこと。

受取手形の分類

受取手形の分類は流動資産である。受取手形には約束手形と為替手形の2種類が存在するが、通常、受取手形を借方と貸方に表記する。

受取手形の具体例

具体例は以下の通りである。
・売買代金として、20,000,000円を受取手形で受け取った。
・満期日となり、受取手形20,000,000円の支払いを受けた。
・取り立てを依頼していた受取手形20,000,000円分が、不渡りとなった。
・受取手形20,000,000円の内、10,000,00円の割引を行った。

受取手形の仕分け例

具体例として、1,000,000円で商品を販売し、代金として受取手形を受け取った。この場合は、借方に受取手形1,000,000円、貸方に売上高1,000,000円となる。
もう一つの例として、期日になったため受取手形を銀行に持参し、普通預金として1,000,000円の預け入れをおこなった。この場合、借方に普通預金1,000,000円、貸方に受取手形1,000,000円となる。

具体例の概要

受領した受取手形1,000,000円を、買掛金の支払いとして裏書譲渡した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 1,000,000 受取手形

1,000,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
手形裏書義務見返 1,000,000 手形裏書義務

1,000,000

受取手形の注意点

受取手形を利用する場合は、支払日が3ヶ月や6ヶ月先となることもあるため、手形帳による手形の管理が必要であり、取引を行う会社どうしの信用が受取手形を利用する土台となる。また、受取手形は取り立て期日を過ぎてしまうと、銀行が取り扱ってくれない場合があり、その際は支払会社に再度、受取手形の振り出しを依頼することになるため、早めに取り立て依頼を行うことが望ましい。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算