受取利息(うけとりりそく)

Pocket

概要

受取利息とは、金銭を貸し付けた期間によって発生する利子・利息を受け取る際に、計上する勘定科目である。

受取利息であるための要件

・預貯金(普通預金、定期預金等)
・有価証券(国債等)の利子
・貸付金の利息
・手形割引両
などの金融上で得た利息であること。

受取利息の分類

借入金・貸付金の利息を仕訳するために、受取利息の他に支払利息がある。
支払利息とは、金銭を借り入れた期間によって発生する利子・利息を支払う際に計上する勘定科目である。

受取利息の具体例

受取利息
・普通預金利息:銀行などの金融機関での普通預金や定期積金、貸付信託、金銭信託、公社債投資信託など
・債券の利子:公債(国債・地方債)、民間債、社債、金融債など
・有価証券利息
・他社(人)対する貸付金利息
・手形割引料金
基本的に受け取った利息は全て、受取利息の勘定に当てはまる。

支払利息
・社債利息
・利子税

受取利息の仕分け例

・ある時、A銀行が企業Bに貸付金100万円を貸付期間219日、年利率5%で貸した。そして返済期日に企業Bから、元本と一緒に現金と受取利息を受け取った場合。受取利息は、100万円×5%×219日÷365=3万円となる。

具体例の概要

この場合の利息の計算方法は、貸付金×利率(%)×貸付期間(日)÷365で算出される。受取利息の仕訳は以下のとおりになる。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,030,000 貸付金

1,000,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
受取利息 30,000 なし

なし

受取利息の注意点

平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間は、東日本大震災復興のための復興特別所得税0.315%が課税される。以前は預金利息に対し住民税5%と所得税15%のみだったが、平成25年以降は追加で復興特別所得税が源泉徴取される。金額は、20.315%となる。
受取利息の計上にあたって、入金された金額から逆算して控除前の金額(住民税利子割・源泉所得税)で計上することになる。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算