支払手数料(しはらいてすうりょう)

概要

支払手数料とは、販管費のうちの1つで、業務を第三者に委託した場合に支払われる手数料のことである。金融機関や税理士などに対して金銭を支払った場合に計上されることが多い。

支払手数料であるための要件

・金銭または経済的価値のある資産による支払であること
・無償でサービスの提供を受けた場合には支払手数料とはならない
・商品の販売に直接要した費用(販売手数料)と区別すること

支払手数料の分類

支払手数料は、大きく分けて「金融機関等に支払う手数料」と「専門家に対する報酬」とに分類することが可能である。

支払手数料の具体例

金融機関等に対する支払手数料
・銀行で仕入先の口座に代金を振り込んだときの振込手数料
・事務所の賃貸契約を結んだときに不動産業者に支払った紹介料
・会社の登記をしたときに法務局に支払った登録料

専門家に対する報酬
・顧問契約を結んでいる税理士への顧問料や契約料
・社会保険労務士に支払ったコンサルタント料金
・弁護士を招いて行った講演会のギャラ

支払手数料の仕分け例

仕入先への商品代金を支払うため、相手の銀行口座に現金80万円を振り込んだ。このとき、銀行に振込手数料1,000円を現金で支払ったため、支払手数料として処理する。なお、仕入先との契約により、振込手数料は当社が負担することになっている。

具体例の概要

仕入代金の支払のために支出した手数料は、原則として支払手数料として処理する。相手先が手数料を負担する契約になっている場合は、買掛金などの債務額から減額する処理を行なう。

借方科目金額貸方科目金額
買掛金800,000現金

800,000
借方科目金額貸方科目金額
支払手数料1,000現金

1,000

支払手数料の注意点

商品の販売のために委託先販売店や、運送会社などに支払った手数料は、販売手数料として支払手数料とは区分する必要がある。販売手数料は、販売費の一部として表示する。税理士や弁護士など専門家に支払う報酬については、その金額が大きい場合は「顧問料」などの独立した科目を設けて、支払手数料に含めない処理をすることもできる。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」