現金過不足(げんきんかぶそく)

Pocket

概要

「現金過不足」とは、帳簿上の記入現金残高と実際に動いた現金の残高は常に等しいが、支払いや受け取りをした時、仕分けの記入忘れをしたときに生じる差額のこと。

現金過不足であるための要件

現金過不足は現金の帳簿残高と手許有高を一致させるために一時的に「現金過不足勘定」として処理しなければならない。

現金過不足の分類

決算時に現金過不足勘定の残高が借方に記入されていれば「雑損失勘定」であり、決算時に現金過不足勘定の残高が貸方に記入されていれば「雑益勘定」である。

現金過不足の具体例

雑損失勘定
・現金過不足額の内容を調べて、営業費用や支払い手数料などの支払いだった場合
・期末時に現金の実際有高が、帳簿に記入した現金額より少なく、現金過不足勘定で処理していた場合

雑益勘定
・現金過不足額の内容を調べて、売掛金などの受け取りや、受け取り手数料などの収入だった場合
・期末時に現金の実際有高が、帳簿に記入した現金額より多く、そして現金過不足勘定で処理していた場合

現金過不足の仕分け例

1.現金実際有高を調べたところ、帳簿(現金出納帳)に記入していた現金残高より実際現金有高の方が5,000円少なかったため現金過不足として勘定処理をした。
2.現金実際有高を調べたところ、帳簿に記入していた現金残高より実際現金有高の方が8,000円多かったため現金過不足として勘定処理をした。

具体例の概要

1,2.帳簿に記入していた現金の金額と、実際の現金の金額が一致しないため現金過不足が発生する。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 5,000 現金

5,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 8,000 現金過不足

8,000

現金過不足の注意点

決まった期日ごとに、帳簿(現金出納帳)の残高と実際に支出現金残高との比較・確認を細かく行う。
帳簿(現金出納帳)によって現金額の管理を行う時は、補助簿を新たに作成し支出額を記入して、現金残高の金額を常に開示しておくこと。それによって現金過不足勘定科目が起こらないようにする。
現金過不足の金額を記入する科目の間違いをしないように注意する。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算