雑給(ざっきゅう)

概要

雑給とは、パートタイマーやアルバイトを臨時で雇う場合に、支払う給料や諸手当を管理するための勘定科目である。

雑給であるための要件

雑給であるための条件は以下の通り。
・一般の社員に対する給与ではないこと。
・製造に関連する作業のアルバイトではないこと。

雑給の分類

正社員と臨時の従業員であるパートタイマー、アルバイトでは雇用形態が異なる。雑給は、正社員と臨時の従業員に支払う給与を区別ために存在する。

雑給の具体例

雑給の具体例は以下の通り。
・飲食店で働くアルバイトに対して、給料の100,000円を現金で支払った。
・飲食店で働くアルバイトに対して、通勤手当の5,000円を現金で支払った。
・飲食店で働くパートタイマーに対して、給料の100,000円を現金で支払った。
・飲食店で働くパートタイマーに対して、通勤手当の5,000円を現金で支払った。

雑給の仕分け例

パートタイマーに対して、給料の100,000円を現金で支払った。その際に、源泉所得税と社会保険料を合計10,000円差し引いた。この場合は、借方に雑給100,000円、貸方に現金90,000円、預り金10,000円となる。

具体例の概要

雑給の具体例として、パートタイマーに対して、給料100,000円を源泉所得税10,000円を差し引いて、支払いを行った。

借方科目金額貸方科目金額
雑給100,000現金

90,000
借方科目金額貸方科目金額
記載なし記載なし預り金

10,000

雑給の注意点

雑給は、パートタイマーやアルバイトなどの臨時従業員に対して、給料を支払う際に使用するが、金額が少額の場合は給料手当の勘定科目に含めて処理を行う場合がある。また、支払いの際に、所得税を源泉徴収しなければならないが、それは日払い月払いを問わない。その他、従業員の立替金等で、実質的に従業員が負担すべきものは、給与扱いとする。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード