短期借入金(たんきしゃくにゅうきん)

Pocket

概要

短期借入金とは、企業が行なう資金調達方法のうちのひとつで、支払期限が1年以内に到来する借入金のことである。

短期借入金であるための要件

・借り入れ日から返済期限までの日数が1年以内であること
・利子の支払を伴う短期借入金であること
・資本金に該当しない

短期借入金の分類

短期借入金は、民法上の消費貸借契約にもとづく借り入れ、手形の発行による借り入れ、当座借越の三種類に分類される。

短期借入金の具体例

・銀行などの金融機関から、仕入れ代金の支払や社員への給与の支払などにあてるため借り入れた借入金
・国や地方公共団体から借り入れた返済義務のある短期借入金
・株主や出資者から、会社の運転資金として借りた借金
・銀行や取引先に借用書の代わりに支払手形を発行してお金を借りる
・当座借越契約を結んでいる銀行口座が借越になった場合

短期借入金の仕分け例

(1)銀行から事業用の資金にあてるため、6ヶ月以内に返済する約束で現金2,000,000円を借り入れた。
(2)仕入先への仕入れ代金200,000円を支払いにあてるため、自己宛支払手形を発行した。なお仕入れ先には同意を得ている。

具体例の概要

短期借入金は、銀行や取引先などからの借り入れ以外に、当座借越や支払手形を発行した場合にも発生する可能性がある。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 2,000,000 短期借入金

2,000,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 300,000 短期借入金

300,000

短期借入金の注意点

借り入れた会計期間には、長期借入金に分類されていた借入金であっても、その支払期限が1年以内に迫っている場合には短期借入金に分類されることに注意が必要である。また、銀行との間に当座借越契約を結んでいる場合に、口座の残高がマイナスとなったときには、実質的に銀行から借金をしていると考えられる。したがって、このケースでもマイナスの残高を短期借入金として処理する。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算