支払利息(しはらいりそく)

概要

支払利息とは、銀行や信用金庫などの金融機関や、取引先からの借入金などについて、支払利息を管理するための勘定科目である。

支払利息であるための要件

支払利息であるための要件は以下の通り。
・社債利息ではないこと。
・借入金元本ではなく、支払利息であること。

支払利息の分類

支払利息の分類は、営業外費用である。支払利息は営業外費用の中でも大きな割合となることが多く、損益計算書の中で注意して確認する勘定科目である。

支払利息の具体例

支払利息の具体例は以下の通り。
・銀行からの借入金10,000,000円について、利息100,000円が普通預金口座から引き落としされた。
・信用金庫から借り入れていた2,000,000円について、元本と支払利息を合わせて2,200,000円が普通預金口座から引き落としされた。
・取引先からの借入金について、利息10,000円を現金にて支払を行った。

支払利息の仕分け例

信用金庫からの借入金10,000,000円について、利息200,000円が普通預金から引き落としされた。その際は、貸借対照表の借方科目に支払利息50,000円と表示し、貸方科目に普通預金200,000円と表示する。

具体例の概要

支払利息の具体例は以下の通り。

借方科目金額貸方科目金額
長期借入金120,000普通預金

150,000
借方科目金額貸方科目金額
支払利息30,000記載なし

記載なし

支払利息の注意点

支払利息で処理できるものとして、利子税がある。利子税は租税公課で処理を行うが、支払利息で処理を行うこともできる。また、借入金の元本とあわせて利息を返済する場合においても、支払利息の科目を使用し、元本とは区別して支払利息を管理する。その他には、融資を受ける際に支払いを行う保証料についても、当勘定科目に含めてもよい。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」