支払手形(しはらいてがた)

概要

支払手形とは、約束手形の発行や為替手形の引受によって発生する手形債務である。発生時には貸方・消滅時には借方にそれぞれ記入され、各期の残高が貸借対照表の負債の部に記載される。

支払手形であるための要件

以下のように、手形債務が発生・消滅した場合は支払手形勘定を用いて処理する。
1.約束手形を発行した(手形債務の発生)
2.為替手形を引き受けた(手形債務の発生)
3.発行した約束手形の支払期日が到来した(手形債務の消滅)
4.引き受けた為替手形の支払期日が到来した(手形債務の消滅)

支払手形の分類

一般に、約束手形・為替手形を会計上区別して取り扱うことはない。ただし、通常の営業以外の取引で手形債務を負う場合「営業外支払手形」「長期営業外支払手形」など別勘定を用いて処理する。

支払手形の具体例

・支払手形
商品の仕入時等、通常の営業活動で手形債務が発生した場合

・営業外支払手形
車両運搬具・備品・機械工具等に対して手形債務が発生し、支払期日が決算日の翌日から起算して1年以内に到来する場合

・長期営業外支払手形
通常の営業活動外で発生した手形債務のうち、支払期日が決算日の翌日から起算して1年以降に到来する場合

支払手形の仕分け例

以下のような場合、支払手形勘定を用いて処理する。
1.A商店から商品50万円を仕入れ、同店宛の約束手形を振り出して支払った。
2.以前、200万円の車を購入した際に発行したB商店宛の約束手形の期日が到来したため、C銀行の当座預金から引き落とされた。

具体例の概要

1の事例では、手形債務が発生しているため支払手形勘定を用い貸方に記入する。
2の事例では、通常の営業活動外の手形債務が消滅しているため営業外支払手形を用い借方に記入する。

借方科目金額貸方科目金額
仕入500,000支払手形

500,000
借方科目金額貸方科目金額
営業外支払手形2,000,000当座預金

2,000,000

支払手形の注意点

・支払手形は流動負債とみなす。支払期日が決算日翌日から起算して1年以降になるものであっても同様に取り扱う。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」