期末商品棚卸高(きまつしょうひんたなおろしだか)

Pocket

概要

期末商品棚卸高とは、今期中に販売することが出来なかった商品を表し、その商品を翌期に販売するため繰越に使用される勘定科目である。

期末商品棚卸高であるための要件

期末商品棚卸高であるための要件は以下の通り。
・今期において、仕入あるいは期首商品棚卸高であった商品であること。
・今期において、販売されなかった商品であること。

期末商品棚卸高の分類

期末商品棚卸高の分類は流動資産の内、棚卸資産である。棚卸資産は、期末において現品棚卸を必要とする商品や製品、原材料などである。

期末商品棚卸高の具体例

期末商品棚卸高の具体例は以下の通り。
・当期末において、売れ残った商品在庫の10,000,000円を決算処理として棚卸をした。
・当期末において、売れ残った商品在庫の20,000,000円を繰越処理として棚卸をした。
・当期首において、前期末の期末商品棚卸高30,000,000円を期首商品棚卸高に振替処理を行った。

期末商品棚卸高の仕分け例

当期において、売れ残った商品在庫の1,000,000円を決算処理として棚卸を行った。その場合、借方に商品1,000,000円、貸方に期末商品棚卸高1,000,000円と表記し、摘要には当期棚卸しと表記する。

具体例の概要

期末において、期首商品棚卸高1,000,000円と期末商品棚卸高2,000,000円の振替を行った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
期首商品棚卸高 1,000,000 商品

1,000,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
商品 2,000,000 期末商品棚卸高

2,000,000

期末商品棚卸高の注意点

会社の会計処理において、費用収益対応の原則が重視される。収益を計算するために売上原価の計算は必須だが、売上原価は次の計算式により算出される。売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高。
このように期末商品棚卸高は重要だが、実務では、帳簿上の棚卸高と実際の棚卸高が相違してくる場合があり、帳簿の期末商品棚卸高を実際の棚卸高に合わせる必要がある。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算