面倒な翻訳を速攻で格安で完了させるクラウド翻訳サービス2選

英語が得意な人でも翻訳作業というのは面倒で時間のかかる作業だと思います。また、英訳はできても中国語や韓国語、スペイン語等の多言語翻訳となるとほぼ個人の力では不可能です。今回紹介するクラウド翻訳サービスは日本語の文章を送れば、すぐ翻訳したい言語になって返ってくるサービスです。面倒な翻訳作業はこれですぐに終わらせてしまいましょう!

Conyac

スクリーンショット 2016-03-10 18.50.22

品質価格
Light一文字あたり1.25円(最安値)
Standard一文字あたり6円

Lightでは翻訳者のレベルはランダムで翻訳の結果が「公開翻訳一覧-Conyac」で公開されるのに対し(月額プランに加入することで非公開にすることは可能)、Standardは独自のテストに合格した一定以上の翻訳者が翻訳してくれます。ビジネスに使うのならStandardがいいかもしれませんね。しかし、Lightはなんと一回の依頼につき300円で240文字以内の翻訳という価格設定になっており、かなりのお手頃価格です。
加えてStandardプランには一人の翻訳者が翻訳し終わった後、別の一人が翻訳文を校正する「ダブルチェック」お気に入りの翻訳者に翻訳してもらう「翻訳指名」というオプションが選択でき、それぞれ一文字あたり6円、3円となっています。

会社名:株式会社anydooR
設立年:2009年2月
問い合わせ先:https://conyac.cc/ja/feedbacks/new

gengo

スクリーンショット 2016-03-10 19.00.11

品質価格
スタンダード一文字あたり5円
ビジネス一文字あたり9円

APIを利用することで上図の15%引きになりますが、基本的には表の価格で翻訳してもらうことが多いと思います。
品質にあるスタンダード、ビジネスというのは翻訳の質に関わってくるカテゴリーです。gengoの公式HPによるとスタンダードはEメール、SNS、ユーザーレビュー等の翻訳、ビジネスは営業資料、レポートなどの翻訳を想像しているようです。自分の利用方法にあった品質のものを選択しましょう。
gengoの翻訳者は全員会社独自の試験を受けていて、一定の品質が保証されているところが特徴の一つです。その合格率は驚きの5%!スタンダードコースでも高い品質の翻訳が得られると思います。

会社名:株式会社Gengo
設立年:2009年6月
問い合わせ先:support@gengo.com

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」