【経費削減策・コラム】アイデア次第!製造業・工場の経費精算の成功事例2選

Pocket

会社の経費を削減するためには、大前提として経費の精算が正しくできている必要があります。これができていないと、そもそもどこに経費の無駄があるのかについて、客観的分析によって知ることができないからです。
実はこの経費精算が適切に処理できていなかったり、経費精算の効率が悪く経費精算自体に余分な経費がかかっていたりするような企業も多く見受けられます。特に製造業や工場などのある種の肉体労働系の業種については、特に経費精算のシステムが整っていない傾向にあります。そこで今回は、製造業や工場における経費精算の事例をもとに、成功するためのポイントを考えてみたいと思います。

システムソフトの導入で、経費精算が成功した事例

製造業や工場などを経営する会社は、最近増えてきたITベンチャー系の企業に比べると、経費精算システムの効率化が遅れている傾向にあります。具体的には、経費精算をパソコンソフトを用いて管理するのではなく、経費精算用紙などに手書きで記入し、それを部署の代表者や経理担当者が手作業で集計し、精算しているケースが多々あります。
このようなアナログな精算方法をとっていると、次のようなリスクを抱えることになります。

1:計算間違いリスク
経費精算ソフトを使用すれば、計算はすべて自動で処理されるため計算間違いということはあり得ないのですが、手作業で経費精算を行なうと電卓を叩き間違えただけで計算ミスが発生してしまいます。

2:人件費リスク
経費精算を手作業で行なうと言うことは、それだけ手間暇がかかることになります。人数が少なければまだ対応が可能ですが、製造業や工場などは従業員の人数が多いため、それを集計して精算する人件費は非常に高額になっているはずです。

経費精算に成功した事例では、こうしたリスクを解消するために、経費精算のシステムソフトを導入し、全てをパソコン上で一元管理することで、その都度手書きで申請を上げる手間を省くとともに、スピーディーな経費精算を実現しました。

経費精算の改善で、「経費削減」が実現した事例

経費精算と経費削減は、実は密接に関わっています。経費精算に成功した製造業や工場の多くは、先ほどのような経費精算ソフトを導入し効率化を実現しましたが、実は経費精算の効率化は、単なる業務効率のアップだけではなく、「経費削減」にも直結します。
過去の成功事例としては、経費精算システムを導入したことによって、各製造工程において、どの部分で多くの経費が発生しているのかが用意に分析できるようになり、そうしたデータを基に無駄を省いて経費削減に繋がっていったという事例があります。

まとめ

このように製造業や工場経営に経費精算ソフトなどを導入することで、経費精算自体の業務効率を大幅にアップさせられるだけではなく、経費の無駄や偏りが一目で分かるようになるため、これをもとに分析を行なうことで「経費削減」に繋がるというもう一つのメリットもあるのです。

画像元:写真素材ぱくたそ photo:カズキヒロ




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算