【経費削減策・コラム】経費削減は意識改革が重要!!経費削減ポスターのポイント2点

Pocket

会社の経費を削減するためには、綿密な削減計画ももちろん重要ですが、それ以上に大切なことは全社員の意識改革です。いくらデータを分析して削減項目を見つけても、現場で働く社員の意識が変わらなければ、目に見える削減は実現しないのです。
そこで社員の経費削減に対する意識改革をするのに一役買ってくれるのが経費削減ポスターです。実際にこの手法は多くの企業において実践されています。今回は、参考になるポスターの特徴についてまとめてみました。

イラストによって経費削減を「可視化」する

ポスターが持つ最も大きな役割、それは目標の「可視化」です。そもそも経費削減という目標は、社員にとっては目に見える存在ではないため、そこに対して意識が向きにくく、また忘れ去られてしまう可能性が高いものです。
実際に経費削減が失敗に終わる事例というのは、その原因の大半は意識が定着せず忘れてしまうからと言われています。

そこで一役買うのがイラスト入りのポスターというわけなのです。
経費削減のイラスト入りのポスターを貼ることで、経費削減という目に見えない目標を社員に対して「可視化」し、強く認識させる効果が見込めます。

例えば、電球やエアコン、水道など、経費削減を連想させるようなイラストを挿入すれば良いのです。文字ばかりですと、ぱっと見た感じ印象に残りにくいため、「可視化」させるためにはイラストを使用するのがおすすめです。

経費削減ポスター
節電ポスター:無料で使えるポスターデザイン(http://yoridoko.jp/425/)より

シンプルかつインパクトのある言葉

イラストのほかに実際に経費削減に結びついたポスターとしては「シンプルかつインパクトのある言葉」を記載したポスターがあります。

これはとある会社で使用して実際に効果があった言葉ですが、
「人を切るより、電気を切りたい。By社長」
というシンプルな言葉を記載したポスターを掲示したところ、社内でこのポスターが噂となり、全社員の経費削減に対する意識が高くなったそうです。

この言葉のポイントは、経費削減の本質をストレートに表現している点と、一種のギャグ的な要素も含まれているため、ポスターを見た後に誰かに話したくなるようなそんな気持ちにさせる点です。一度聴いたら忘れられないという点も大事なポイントでしょう。

まとめ

たかがポスターと思うかもしれませんが、このように広い社内で効果的に経費削減の意識を広めるためには非常に効果的な手法なのです。
しかし、ただつくればいいというわけでもありません。そもそもポスターを製作すること自体が経費ですから、効果のないものを作っても逆に経費がかさむだけでしょう。
まずは、これらのポイントをよく参考にして試作品を作ってみてはいかがでしょうか?
社内で大喜利募集しても、面白いかもしれませんよ?




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算