交通費は課税対象なのですか?非課税限度額って?

Pocket

基本的に交通費は非課税

基本的には交通費は非課税となっています。そのため交通費に課税?と聞くと違和感を感じる人も多いのではないでしょうか。
しかし交通費は全額に課税されるのではなく、距離やかかった費用に応じて一部が非課税になる、という仕組みをとっています。したがって一定額を超えると所得税などと同様、課税されていきます。

今回出てきた非課税限度額とは、その非課税になる限界の額のこと。
平成26年10月17日に所得税法施行令の一部の改正があり、それに伴って平成26年4月1日以降に支払われるべき交通費についてから、交通費に対する非課税限度額が変更となりました。

交通費が非課税だと何が違う?

交通費が非課税だからって何が違うのか?ピンとこない方も多いと思います。
そこで簡単ではありますが、計算してその差をご紹介します。

例えば、月給20万+交通費2万を交通費が給料の一部として計算された場合と、別で支給された場合を考えてみましょう。
この時会社が支給する額は同じ22万円です。

【全額給料で考えた場合】

  • 支給額:22万円×12か月=262万円
  • 税金額:262万円×10%-97,500円=164,500円
  • 手取額:2,620,000円-164,500円=2,455,500円
  • 【給料20万円+交通費2万円で考えた場合】

  • 支給額:20万円×12か月=240万円
  • 交通費:2万円×12か月=24万円
  • 税金額:240万円×10%-97,500円=142,500円
  • 手取額:2,400,000円-142,500円+240,000円=2,497,500円
  • 交通費を別にするだけで会社の支給額が同じでも手取り額に年42,000円もの差が生まれることになります。
    ※この時の97,500円は所得に対する控除額

    現在の非課税限度額

    公共交通機関を利用して通勤する人

      電車など公共交通機関を利用している人に支給する交通費については一ヶ月あたりの合理的な運賃として非課税となる金額は、最高で10万円。これは法改正前から変化していません。

    マイカーなど自家用車を利用する場合

      自動車自転車などのいわゆる交通用具と呼ばれるものを使用して通勤している人に対して支給する交通費の非課税限度額はその通勤距離に応じたもの。

    通勤距離改正前改正後
    片道2km未満全額課税全額課税
    片道2km以上10km未満4,100円4,200円
    片道10km以上15km未満6,500円7,100円
    片道15km以上25km未満11,300円12,900円
    片道25km以上35km未満16,100円18,700円
    片道35km以上45km未満20,900円24,400円
    片道45km以上55km未満24,500円28,000円
    片道55km以上24,500円31,600円

    このように交通用具を使って通勤する場合は、その片道の距離に応じて非課税金額が定められており、今回の改正ではそれぞれの区分で一定の拡大がなされました。

    まとめ

    まず、交通費は課税対象であることは覚えておきましょう。そのうえで距離に応じて非課税限度額が変わってくるため、もし自分の交通費から税金が引かれていたとしたら通勤距離と照らし合わせると手取り額が増えるかもしれません。

    今回の法改正による反応

    では、今回に非課税額が拡大してどのような影響があったのでしょうか?

    今回の非課税枠拡大を受けて、長距離通勤をしていたサラリーマンにとっては恩恵があったようです。今回の非課税枠拡大によって、枠の中に納まる交通費の額が増え、その分の所得税が減りました。

    その一方で交通費の支給自体が就業規則に謳われていない企業が存在するのもまた事実であり、そんな企業で働くサラリーマンからは、非課税限度額拡大以上に、交通費の支給自体を雇用主に義務化する法律を作ってほしいとする声も上がっているようです。これは今後の課題でしょう。

    画像元:写真素材ぱくたそ photo:Fotograf.SHU




    Dr.経費精算の導入を相談する

    Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




    Pocket

    経費精算テンプレート | Dr.経費精算