交通費は領収書なしで認められるのですか?

Pocket

仕事で電車やバスなどの公共機関を使って移動する時には多くの場合、領収書は出ない。その場合にどのように経費として処理するのかは、税務署からの照会があった時にしっかりとした回答ができるかどうかがポイントとなる。

交通費は出金伝票を起こして記録しておく

電車やバスなどでは領収書がでないことが多く、その時にはメモ書きでもなんでも記録しておくことが大切となる。その日のうちに出金伝票を起こすことがもっとも望ましいが、個人事業主などで仕事をやっている、または営業で急いでいるとその日のうちに書くということはなかなか難しいこともあるかと思う。

そのような時にはとりあえずスマートフォンのメモ機能などを活用して記録しておき、後日改めて出金伝票をを作成したり、エクセルに入力したりすることで経費として計上することが可能となる。ただ気を付けないといけないのは、日付や金額だけでなく、支払先取引内容訪問の目的も忘れずに記録しておくことが必須である点。これを忘れると出金伝票があっても経費として認められない場合がある。

出金伝票のテンプレートはコチラ

券売機で領収書を発行する

電車に限った話となるが、駅の券売機では切符の領収書やICカードの履歴を発行することができる。
それを使い経費精算することは可能となっている。しかしこの場合にも目的や行先などは必須となるので手帳やメモで整理して保管するとよいだろう。
券売機での領収書の発行の仕方、経費精算のやりかたはコチラ

まとめ

交通費などは領収書がでないが経費に計上出来ないわけではなく、記録があれば経費として精算可能となっている。

逆に記録や信憑性のないものを経費に入れることが問題となる。税務署から照会があった際に、きちんとした回答をするためには記録があることが前提となるため、領収書がない場合でも出金伝票で記録しておくことが重要。
特に個人事業主は、売上記録はもちろん、日々の経費記録も残すようにしていくことが大事なことだと言える。

画像元:写真素材ぱくたそ photo:すしぱく




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算